FC2ブログ

BLって?腐女子って何~??

マンガ探求記 ときどきほかのはなし

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

帝一の國 1~2  古屋兎丸  P221~231



※Amazon、hontoで電子書籍版1、2巻が5月16日まで無料です



1. カテゴリ: 学園モノ、高校生、ノスタルジー、コメディ

2. 構成: 表題作のみ(1巻には番外編1篇あり)

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★★☆☆

5. エロ頻度: ☆☆☆☆☆

6. エロ描写度: ☆☆☆☆☆


◎今のところオススメ度: ★★★★★




TV番組、「浦沢直樹の漫勉」 で

拝見して以来、

ずっと読みたいと思っていた

古屋兎丸先生の作品が

期間限定無料作品になっていたので

読んでみました。



オモシロい!



主人公の帝一とそのパートナーの光明が

愛らしい。

古屋先生は思春期の子供を描くのが

とてもうまいのだな、と。

その年頃の子供たちの

無垢さや危うさ

みたいなものが

とても魅力的に描かれています。



私のいう無垢さというのは

目の前の世界だけを信じていて、

盲目的に

のめりこむ感じ、

のことです。



「生徒会長」の座をめぐる戦いが

繰り広げられているので、

欲望だらけ、

の状況ではあるんですけどね。



舞台は昭和。

といってもかなり前そう、

と思いながら読んでいたのですが、

どうやら東京タワーは既にある時期みたいで、

調べてみると東京タワーは、

1958年竣工

だそうなので、

1950年後半~1960年代あたりの高校生。



かなり個性的な話だけど

すんなり入っていけたのは

その頃に設定したことや、

描きたいことにブレがない、という印象を

作品から受けるからでしょうか。





※こちらのKindleのリンクが通常の有料版なので無料版は一番上の表紙をクリックしてください。

今作は既に舞台化されているようですが、

実写映画化が決まったそうです。

主役は「鬼ちゃん」 こと菅田将暉さん。

ということは、帝一役ってことでしょ?

う~ん、鬼ちゃんは好きだけど、

帝一するには大人すぎるなあ。

光明役は誰になるのか、

ちょっとだけ楽しみにしておこうっと。


↓↓↓↓↓ ここからちょっぴりネタバレ ↓↓↓↓↓



1巻の番外編は光明のお話。

なんとも可愛らしい。

合わせて帝一も可愛らしい。

美美子がヤキモチ焼くのもうなずけます。

それにしても

名前から予想がつく通り、

なんという頭脳の持ち主なんでしょう、

と光明の底知れぬ恐ろしさみたいなものも

垣間見ることができます。

ずっとこの2人が袂を分かつことなく

勝ち抜いていくのかどうかも

この物語の見どころでしょうね。



2巻の中頃の

光明がまた可愛らしい。

ホモの噂をたててやる!

と脅されて、

ゾッとしている帝一と

ポッとしている光明。

軍師役の光明だけど、

とっても中性的、

というよりむしろ女の子寄り。

その辺りをカワイイ

おしり

で表現しています。



私がBLファンだから

よこしまな目で見ているわけではなく、

このあたりも思春期の少年を

古屋先生は表現しているのだと・・・。

女の子はちっちゃい頃から『女』だけど、

男の子には曖昧な時期があるでしょ。



という具合に、

すっかり

ハマってしまいました。



続きをすぐにでも読みたいけど、

リアル本を買うか

電子書籍にするか

ちょっと考えます。





このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。
関連記事

| 少年マンガ | 00:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://power001.blog.fc2.com/tb.php/390-4cffab8d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。