BLって?腐女子って何~??

マンガ探求記 ときどきほかのはなし

2016年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

J の総て 3 〔完結〕  中村明日美子  P180









1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作のみ

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★★☆☆

5. エロ頻度: ★☆☆☆☆

6. エロ描写度: ★☆☆☆☆


◎総合オススメ度: ★★★☆☆



読了後感じたのは

「映画を1本見たみたい」

ということでした。



’50~’60年代のアメリカの光景が

脳裏に広がり、

音楽なんかも浮かんできました。

脇の人たちの距離感も

映画っぽかったように感じました。

エドやリタやモーガンが。



Jの髪の毛やドレスのドレープの線の美しいこと。

中村先生は元々

こういう線を描かれる方なんですね。

マンガというより

絵画の作品を見せられているような

そんなシーンもいっぱいでした。



このように作品の世界観、

というか空気感、

奥行みたいなものが

出せるかどうかというのが、

漫画家の力量の1つなんでしょうね。







ただ一つ思ったのは、

どうやら中村先生がメガネ男子を描くと


佐条くん系


になるようですね。

みなさんもとっくにお気づきでしょうけど・・・ネ (^^)



このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

≫ Read More

スポンサーサイト

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 06:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

J の総て 2  中村明日美子  P170









1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作のみ

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★★☆☆

5. エロ頻度: ★☆☆☆☆

6. エロ描写度: ★★☆☆☆


◎今のところオススメ度: ★★★☆☆



昨日、

「ステレオタイプ」 と書きましたが、

今巻のストーリー展開は

少しだけ意外でした。



それにしても

アーサーという人物が

今一つわからなかった。



読みかえそうと思います。



さらにせつなく、やるせなくなってきました。






このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 06:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

J の総て 1  中村明日美子  P170










1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作のみ

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★★☆☆

5. エロ頻度: ★☆☆☆☆

6. エロ描写度: ★★☆☆☆



◎今のところオススメ度: ★★★☆☆




今月初めに大騒ぎ (?)してAmazonで購入した

この作品。

中村先生の作品の

『同級生』 シリーズに先月は浸かっていたので

他の作品になかなか手が伸びなかったんですね~。

でもやっぱり今月中には

読んどかなきゃ、

ということでギリギリ読了です。



J という主人公の半生の物語です。



私はこのタイトルを見たときに、

クラシック映画の

「イヴの総て」

を思い起こしていたのですが、

実際読んでみても

そのイメージは浮かんだまんまでした。



ストーリーは違うけれど

年代や、半生記というところが一緒というか。

余談ですが、

この映画で若き日のマリリン・モンローを

見ることができますよ。



今作は

ある意味ステレオタイプのストーリー展開と

言えると思います。

ただJ が、

他キャラクターが、

それぞれ魅力的で

続きを読まずにはいられません。



絵は、

「同級生」よりも前の作品なので

ちょっとタッチが違いますが、

中村先生独特の妖艶さは同じ、です。



確認したら、

今作のコミックス出版年が2004年、

単純計算で同級生の4年前ということですね。



エロさについては

性描写、としてはシーンは数あるのですが、

それはエロさ判定対象にはならないので

上記のような星の数にしておきました。




せつない系がお好きな方、

半生モノがお好きな方、

ドラマチックなストーリーがお好きな方にオススメです。





前にも書きましたが、

「中村明日美子コレクション」

というシリーズで昨年

過去作品が新装版として再出版されていて

その中に今作も収録されています。

そちらには

なんと描き下ろしが追加されているようなので

ご購入の際はその点ご検討下さいね。



ベティ・デイビスが素敵でした。


このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。


| BL(ボーイズラブ)マンガ | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【アニメ】 昭和元禄落語心中 第12話


昭和元禄落語心中公式サイト
↑オススメです、ちょっと笑える画像が見れますよ。



うわあ、


「芝浜」


かあ~。



ほとんど落語を知らない私でも

知ってる芝浜。

助六の心中が察せられる作品でした。

ホントに聞かせますねえ、

山寺宏一さん。

すごいです。



それにしても、

こんなことになるとは。

あそこで舐めちゃうんだもんなあ、菊さん。

人間だもの、

というところか。



みよ吉ってとんでもないって思ったり、

助六があっちを取るって言いだしたのにビックリしたり。

まあでも芝浜だったからねえ。

そこはうすうす予想していたような気も・・・。

それに子供のことを考えたらね。



でもやっぱり性質悪いよなあ、みよ吉は。



いや、そもそも菊さんの別れ方だってたいがいだったし・・・。



あれやこれや思いを巡らせてしまいましたが

まとめると、


ビックリした。


かなりショックな回でした。



次で最終回かな?

早く原作読まなくちゃ。

雲田先生のやわらかい線の絵を

見たくてしょうがなくなってきました。








見逃した方はAmazonプライムビデオで全話見れますよ。



これはプライム会員になれば

利用できるサービスです。

小馬さんは

そもそもプライム会員で、

送料無料サービスが気に入ってたのですが

どんどんサービスが増えてきて、

今ではこうしてビデオも見られるし

音楽も聞けるし。

年会費はとっくに回収できたと思ってますよ。

イチオシサービスのひとつです。



このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| アニメ | 20:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【アニメ】 亜人 第11回


亜人公式サイト



なんだかビックリするくらい

酷いことをしでかしましたね、佐藤。



描写こそなかったけど

相当数の人たちがあの中にいたわけですよね。

あの製薬会社が

亜人にしたことも相当残酷ですから、

佐藤だけが悪とは言えませんが。



それにしても今回は圧巻でしたね~

あの倒壊シーン。

子供からおっさんまで、

出てくる人みんなが


肩をいからせて歩くのがオモシロいなあ~


と思いながら観てたのですが、

このアニメの映像、結構好きです。



佐藤が屋上にいて

倒壊を楽しんでいたシーン、

あの前に倒れていく感覚をなんとなく


『知ってる』


って思ったのは私だけですかね?

モチロン、

あんな経験はないですから

私の脳はいつのことを思い出してるのかなあ?







このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| アニメ | 17:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

聖誕祭 -東京心中 5-  トウテムポール  P196


聖誕祭−東京心中・5−





1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作5話とショート1篇と番外編2つ

3. 絵: ★★★★☆

4. 3D感: ★★★★☆

5. エロ頻度: ★★☆☆☆

6. エロ描写度: ★★★☆☆


◎今のところオススメ度: ★★★★★




知らない間に

新刊が出てた~っ!!



というのは電子書籍のほうで、

私は最初からずっとRenta! で購入しているので

この刊も電子書籍化を待っておりました。



相変わらずオモシロいっ!



けど、

絵の線がほんの少し

変わった感じがしました。



よくいうと

洗練されてきた?



う~ん、

トウテムポール先生の個性が大好きなので、

変わらなくていいですよ。



今回も相変わらずの面々ですが、

な、な、なんと

矢野さん(仮)を宮坂が○○○してる~っ!!!



感動のいちシーンでした。



今後もず~っと続いてほしい作品です。






そういえば

もうネタバレを恐れずに読めるじゃない、

と今頃気づいて

「2014年度版このBLがやばい!」

のトウテムポール先生のインタビュー記事を読みました。



どういう想いで描かれているのか、

とかがよてもよくわかる内容のインタビューでした。

その後読み返してみると

なるほどなぁ~って。



早く次の巻がでないかな~






このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

にえるち  のばらあいこ  P202


にえるち






1. ジャンル: レディース

2. 構成: 表題作7話

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★★☆☆

5. エロ頻度: ☆☆☆☆☆

6. エロ描写度: ☆☆☆☆☆


◎総合オススメ度: ★★★☆☆




久しぶりののばら先生作品、

読んでからちょっと

「シマッタ~ッ」

と思いました。

苦手な 「近親系」 だったから。



読み進めていくうちに

それは設定上はそうだけど、

テーマはもっと深いように思えて

気になりませんでした。



家庭、家族というのは

人間形成の基礎に関わってくる

重要なものなんですよね。



この作品の設定は

まだ傍からみても

問題を抱えている家庭というだけ

マシかもしれません。



両親がそろっていても、

表面上はきちんとした様子でも、

実際は子供にとって全く違う家庭というのが

世の中には存在していて、

そうした環境に育った人間は

土台が歪んでしまっているから

どんなにがんばっても

まっすぐに積み上がっていかない。

で自分を責めるんです、無意識のうちに。

同時に家族を恨んでたりします、これも無意識下で。



この主人公たちは

苦しくて救いを求めていた時に

助けてくれる人がお互いだった、

ってことなんだろうなあ。



なんか抽象的な感想になってしまいましたが、

「近親●●」

部分以外は、

セラから我が事を思い起こさせられて

私にとってはちょっぴりだけど苦い作品でした。







最初にAmazonで

この帯見てたら

題材に気づいて読んでなかったかも・・・?



このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| レディースマンガ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千 (2) -螺旋の錠-  岡田屋鉄蔵  P196





※AmazonのKindle本なら20%ポイント還元中 (2016年3月26日現在)




1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作3話

3. 絵: ★★★★☆

4. 3D感: ★★☆☆☆

5. エロ頻度: ☆☆☆☆☆

6. エロ描写度: ☆☆☆☆☆


◎今のところオススメ度: ★★★★☆


*2013年度版このBLがやばい!ランキング35位




この2巻も表紙もさることながら

中表紙も美しいです。

絵柄自体はカッコいいんですけどね。



モチロン、

本編の絵も美しい。



物語の方は

物悲しさに拍車がかかってます。

読後やるせなくなります。

でも

1巻同様ロマンチックでもありますよ。



今のところ2巻までしか出ていないようですが、

物語はまだ終わっていません。

ぜひ続きが読みたいので

早く3巻を出してください。



時代劇がお好きな方、

せつなくなる作品がお好きな方にオススメです。





!!! 注意 !!!

昨日も書きましたが、

なぜかRenta! はこの巻も上下巻に分かれているので

今作についてはあまりお勧めしませんが、

サンプルのページが他より長いのと、

3月31日までなら48時間レンタル料がお得になっているので

この2点のみオススメということで貼っておきました。

ご購入を検討される方はその点ご注意くださいね。







35位は低すぎると思うけどなあ・・・




このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【TV】 浦沢直樹の漫勉  古屋兎丸


浦沢直樹の漫勉




今回は古屋兎丸先生でした。



「ライチ☆光クラブ」 がずっと気になっていて

放送前に読みたかったのですが

間に合いませんでした (;_;)



これまで拝見した

どの先生ともまた違った制作風景でした。

見ごたえがありました。



画用紙、和紙、鉛筆、

鉛筆の芯を削ったものを水で溶いて使う、

パソコン、

と古屋先生も表現方法に

いろいろと挑戦されていました。



いやあ、オモシロかった~。



28日の午前1時10分から再放送が

あるので見逃した方はぜひ。



今回は

「帝一の國」 と

「女子高生に殺されたい」

の制作現場でした。



画法以外にも、

以前手を痛めたので

筆圧コントロールを学んで

今は筆圧がすごく弱い、

とか

腰を痛めたので

今は立って絵を描いている、

という工夫をされていました。


そっか、

別に座って描かなくたっていいんだよね。

筆圧って変えられるんだ。



先生の作品のタッチだと

どの雑誌に載ってるのかなと

漠然と思っていたのですが、


「月刊ガロ」


でデビューされたと番組中でいっていて、

「ガロかあ~」

とものすごく納得。



今もあるのかな?ガロ。









今シリーズは今回が最終回で

次のシリーズは9月放送予定とのこと。



今から楽しみです。


このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| TV | 07:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

千 (1) -長夜の契-  岡田屋鉄蔵  P196





※AmazonのKindle本なら20%ポイント還元中 (2016年3月25日現在)




1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作のみ

3. 絵: ★★★★☆

4. 3D感: ★★☆☆☆

5. エロ頻度: ★★☆☆☆

6. エロ描写度: ★★★☆☆


◎今のところオススメ度: ★★★★☆



*2011年度版このBLがやばい!ランキング8位




岡田屋先生の時代劇第2弾です。

(あくまで私の読んだ順番です)



うっ、美しいっ!

表紙もさることながら

中表紙の美しさったら・・・

垂涎ものです。

ほんとに岡田屋先生の描く絵は美しい。

どうしたらこんな絵を描くことができるのか・・・



設定は時代劇ですけど、

独特の要素が盛り込まれています。

ですが、

それが全く邪魔することなく読むことができます。



ストーリーはとっても

ロマンチック

です。

一話読むごとにため息が出るような・・・。

でも物悲しい。



時代劇が苦手、

という方にもぜひ一度読んでみていただきたい。

そんな作品です。





!!! 注意 !!!

なぜかRenta! は1巻が上下巻に分かれているので

今作についてはあまりお勧めしませんが、

サンプルのページが他より長いのと、

3月31日までなら48時間レンタル料がお得になっているので

この2点のみオススメということで貼っておきました。

ご購入を検討される方はその点ご注意くださいね。






このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 00:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SMOKER  井上佐藤  P205


SMOKER






1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作4話とおまけ2つ + 他作品1つ (3話構成)とおまけ1つ

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★★☆☆

5. エロ頻度: ★★★☆☆

6. エロ描写度: ★★★☆☆


◎総合オススメ度: ★★★★☆ 


*2012年度版このBLがやばい!ランキング7位




久々の井上佐藤先生作品、

Amazonで見つけてKindle本を購入しました。



表題作はタイトルどおり

煙草を軸にした人間模様を描いたものでした。

なんか、

こういう演出大好きです。

社会人のオトナの男たちの

なんとも味のある作品でした。

なんかあのゆら~っと漂う煙草の煙が

脳裏に浮かぶような感じで

余韻のある作品群です。



もうひとつは

猫を軸にした (これもタイトルどおりか)

お話で、

表題作群とはちょっと違うテイストのお話。

とっても繊細なストーリー運びで

これまたとてもいい作品でした。

読んでいて、

ああ猫飼える人はいいなぁ~と

しみじみ。

だれか猫アレルギーを治す薬を発明してくれないかな~



最後のおまけまんがには

「エンドルフィンマシーン」 や

「子連れオオカミ」 に収録されている

部屋番号シリーズ (勝手に命名) に出てくる人たちも

出てきます。

あとは 「エンドルフィン~」 の五樹先生も。



そういえば、

それらの作品のラブシーンは

大胆に描かれていますが、

この作品はそこまでではないような・・・

気がします。



絵は青年マンガに近い (?) ほど、

どちらかというと骨太のガッチリしたというか、

男性らしい線の太い人物を描かれるのが特徴ですが、

作品には独特の雰囲気があって、

心情が細やかに描かれていて

それが好きです。



ガッシリ、しっかり 「男」 の人物がお好きな方、

余韻を楽しめるような作品がお好きな方にオススメします。













このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 13:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぼくらのへんたい 1  ふみふみこ  P165


ぼくらのへんたい 1






1. ジャンル: ボーイズラブ/ サブカルチャー

2. 構成: 表題作のみ

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★★☆☆

5. エロ頻度: ☆☆☆☆☆

6. エロ描写度: ☆☆☆☆☆


◎今のところオススメ度: ★★★★☆




Renta! で会員無料作品に

第1巻が上がっていたので

読んでみました。

タイトルのインパクトと

絵柄のアンバランスに惹かれました。



中学生3人のお話です。

とても愛らしく、

また痛々しく、

目が離せなくなりました。



全10巻の作品なので、

ぜひ読もうと思います。



ふみふみこ先生の作品は

初めて読んだんですが、

絵はとてもシンプルですが、

ものすごくうまいなあと思いました。



またとても良い作品に出会えました。

ありがとうございます。



読後、

ちょっぴりせつなくて

考えさせられるような作品をお探しの方にオススメです。









Renta! のカテゴリーでは

「サブカルチャー漫画」

となっていたのでジャンルのところに

追記しておきました。



| BL(ボーイズラブ)マンガ | 13:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨音の唄  井上ナヲ  P162



雨音の唄

雨音の唄






1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 3つの物語 + それぞれの4Pショート

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★★☆☆

5. エロ頻度: ★☆☆☆☆

6. エロ描写度: ☆☆☆☆☆


◎総合オススメ度: ★★★☆☆




初 井上ナヲ先生作品です。
 


ブックパスで見かけて

サンプル読んでみたら

絵がとても好みだったので読むことにしました。



どの物語もとてもやさしい作品でした。

読んでいてちょっと心がほっこりしました。

とても好感が持てました。



絵のタッチは

クロッキー系とかデッサン系というには

線は少なめなのですが、

ちょっと個性的かも。

でも好みです。



一番感動したのは、

全編通して (のはず)

スクリーントーンが使われていないっ!


こういう手法の作品は初めてじゃないかなあ?




最近の作品は

どちらかというと

トーンが多用されていて

「リッチだなあ~」

なんて思いながら読むこともよくあります。



でも手法は

何がいいとか悪いとかって

ないですよね。



ですけど今回の

『トーンなし』

にはものすごく感動しました。



井上先生の他作品もぜひ読んでみたいと思いました。









このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【TV】 浦沢直樹の漫勉  五十嵐大介


浦沢直樹の漫勉



今回は五十嵐大介先生の

「ディザインズ」

の創作現場でした。



こういう風に描かれるんだ~

と、また前回の花沢先生とは違った感動。

例えば、

背景もご自身で描かれていて

なんと下書きなしでした。

こういう描き方は

基礎がしっかり出来ている、

ホントにうまい人の描き方のように思いました。



ゲルインキボールペンなんかを

使っているところがまたビックリ。



この番組のオモシロいところの1つは

こういう各作家の意外な工夫を見られるところなんですよね~。



五十嵐先生の仕事部屋も独特で、

ほとんどをお一人で描かれるそうで、

よくみる漫画家の仕事部屋の風景とは全く違い、

こじんまりとしてました。



また、サイトの 「読む漫勉」 の

お二人の対談中にありましたが、

背景をフリーハンドで描くこと

というのはわりかし漫画界では

タブーのようです。

確かに背景に定規を使うことによって

背景に人物がすっかり混じってしまわないから

読む側からすれば

その方が見やすいことはあるかもしれません。

現に今まで読んできたマンガの大半は

そうですもんね。



でもマンガのおもしろさって

そういうことじゃない気がします。

編集者というか出版社の勝手な思い込みじゃないですかね。



マンガはペンで描くとか、

背景はアシスタントが描くとか、

最近ならパソコン導入して描くとかって

漫画を描く上でのセオリーだと

思い込んでいたことに気づかされます。



自分が表現したいことを作品に投影するために

最善の方法を模索しながら制作する、

それでいいんですね。



固定観念てホントにジャマ、

って思いました。



まだ五十嵐先生の作品を

読んだことがないので

近いうちに読みます。







番組中で制作していたこの作品、

「半分カエルの女の子」

をぜひ見てみたいと思いました。



このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| TV | 13:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【アニメ】 昭和元禄落語心中 第11話


やっぱり・・・

というような状況に陥っていましたね、

助六とみよ吉。



それにしても

「やっと来てくれた・・・」

とは。



このセリフに

ゾッとしてしまいました。



女って、

というか、

人間ってホントにこわいですね。

ものの考え方1つで人生が変わってしまう。

自分も気をつけなきゃ、

なんて思いながら観てました。



さて、

今回観ていてさらに

「落語を聞きたい欲」

が高まってきてしまって、

CDをAmazonで物色していたら

本作品のCDを見つけました~。

内容をチェックしてみると

サウンドトラックCDでしたが

「其の一」

には落語、

「出来心」と「死神」が

特別に収録されているようです。





 




それにしても初心者が落語を聞くとしたら

どの噺家さんから入ればいいんでしょうね?









このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

≫ Read More

| アニメ | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【アニメ】 亜人 第10回


前回は

あまりにも冷静に中野を拉致した圭に

ゾッとしたのですが、

今回は

潜伏先の隣人への対応が

描かれていました。

これはまあこうするわなぁ~なんて

思いましたが、

圭は高校生!

って思ったらすごいよね~、となり、

ちょっぴり空恐ろしさを感じました。



でも

圭のIBMが


あまのじゃく


というところには

思わず笑ってしまいました。



なぜ

佐藤たちのそれとは違うのか・・・

それはこれからわかるんだろうなあ。

ワクワクしますね。



でも全国的に亜人だと知られていて、

しかも佐藤にも与さなかった圭には

もう選択の余地はないように思えるなあ。



小馬さんは中野と組む、と読んでます。

(みんなそう思ってるって)



ホントにこの作品、面白いなあ。







このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| アニメ | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

よるとあさの歌  はらだ  P213







1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作6話 + 描き下ろし1話

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★☆☆☆

5. エロ頻度: ★★★★★

6. エロ描写度: ★★★★☆


◎総合オススメ度: ★★☆☆☆ ※R-18 (小馬倫)




*2016年度版このBLがやばい!ランキング30位





あれ?

はらだ先生の絵ってこんな感じだったっけ?



というのが正直読み始めの感想でした。



序盤からしばらくの間、

主人公が 「たいがい」 なので

読んでいて心がザラザラしてくるというか、

なんというか、

それがはらだ先生の作品の持ち味かな、

なんて思っているので

それはいいのですが、

中にちょっと暴力的なシーンがあって

それがちょっとティーンには不向きかなと

思ったので今回 R指定です。



エロ系についても

頻度でいうと毎話なので星5、

描写はというと、

しっかり白抜きが入っているとはいえ

これもどうなのかなあ?

やっぱり R指定でしょうかね。



小馬さんが購入したKindle本は全213ページでしたが

Renta! は

「特典付」

となっていて、

214ページと表示されています。

特典が1ページものなのかもしれませんね。



大人の方で、

暴力系がお好きな方、

はらだ先生ファンの方にオススメしておきます。









このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 01:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

気まぐれなジャガー 1  ウノハナ  P29






1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作のみ

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★☆☆☆

5. エロ頻度: ★★★★☆

6. エロ描写度: ★★★☆☆


◎今のところオススメ度: ★★★☆☆




久しぶりのウノハナ先生の作品。

先生の作品は読みたいものが他にもあるのですが、

ブックパスのポイント消化にピッタリの価格だったので

今作品をチョイスしました。

もちろん、読みたかったのもあるんですよ。



これは表紙の2人のお話で、

どちらも社会人です。

片方がミュージシャンということで

小馬さんにとってリアリティは少なめなので

3D感は星2。

読んでみたらP29しかなかったので

エロ頻度は自然と上がって星4に。



絵がさらに美しくなっているように思いました。

ホントにウノハナ先生の描くキャラは

みんな美人さんですね。



物語も今のところ

BLでちょこちょこ見かけるような設定なので

オススメ度は星3つです。







こちらの作品は

現在は電子書籍版しかないようです。

価格的にいうと Renta! がイチバンお得です。

(無期限で1チケット)



それにしても

またしても続きモノに手を出してしまった~

だって表紙に 「①」 って表示がなかったも~ん。

また完結したら

まとめて描き下ろし足して

コミックスが出るんでしょ?



なんてちょっとブツブツいってみました。



このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【アニメ】 昭和元禄落語心中 第10話





AmazonのKindle本なら第1巻がまだ無料(2016年3月日12現在)


先代の告白を聞いて

「やっぱりなぁ~」

と思いました。

助六に対しての対処のしかたについても

みよ吉のことを菊比古に忠告した件についても

私情が挟まれているのは明らかでしたもんね。

(今回の告白にはみよ吉の件はありませんでしたが)



なのでビックリしたのは

『名前を菊比古にすらやりたくない』

っていう言葉でした。



小馬さんなんて

「師匠」

なんて呼ばれている人は

芸だけではなくて

徳も積んだえら~い方、

ってすぐ期待してしまうんですが、

そこはまた別の話

なんですよね、人間て。



全然別の話になりますが、

菊さんの声を聴いて

「あ、づら!」

って思ったのは先々週の回のとき。

づら

というのは書くまでもないかとは思うんですが、

銀魂の桂さんのことです。

なので、

声優さんを調べてみると

「石田彰」さんでした。



もちろんこのお声は存じ上げていますが、

(おそらく海外ドラマの吹き替えで)

お名前チェックはしたことがありませんでした。

ホント、

美しいキャラにピッタリのお声です。



今回ラストであのキャラが再登場、

ということは現在この辺りなんでしょう。

表紙からの推測です。







以前書いたと思うんですが、

「声優落語天狗連」

の第3回が3月20日にあるそうです。

今回はどうやら申し込み後抽選のようです。

小馬さんはちょっとスケジュールが合いませんでしたが

興味のある方は申し込んでみてはいかがでしょうか?

こちらに第1回、2回のことやその他イロイロ載ってます。


声優落語天狗連 第三回


チケットの申込期限が3月16日の金曜日までとのこと。


行ってみたい方はちょっと急いでご覧ください。

チケット取り扱いはイープラスです。






このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| アニメ | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【アニメ】 亜人 第9回










今回は圭の冷淡さが

さらに強調されていました。

物語の最初の方のカイと逃げている辺りでは

全く感じなかったのですが、

あの施設の屋上での医師とのやりとり辺りから

小馬さんはやっとちょっと気づいて

「へぇ~」

と思いながら観ていたのですが。



ま、あんだけひどい目に合えば

自分以外をそうそうたやすくは

信じられないでしょうけど。



冷静に中野に対応する圭には

正直怖ろしかったです。



やっぱりR-18作品ですね~、これは。







ネットで見つけたのですが、

昨年すでに映画になっていたのですね、亜人。

ところがその作品のDVDやブルーレイが全く見当たらない。

なんでだろう?

と思っていたらひとつだけやっと見つかりました。











映画は第2弾が5月6日公開だそうです。

でも映画のサイトはなくて、

公式サイトとしてTVも映画もまとめられていました。


亜人公式サイト


右下方に映画情報ページへすすむリンクがあります。

この第2弾のタイトルが


「衝突」


なんか、


『TVシリーズの続きは映画で』


的なニオイがプンプンしますね。

TVCM観てると

次のアニメのCMをしている気がするので

3月で終わるのかなあ、と思っていたところだし。



う~ん、

アニメでいいか、

とちょっと思っていたのですが、

これも原作読む方が早いかなあ?



このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| アニメ | 12:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【TV】 浦沢直樹の漫勉  花沢健吾


浦沢直樹の漫勉




きのうふと気づいたこの番組。

実はとても好きな番組で、

前シーズン、前々シーズンもよく観ていたのですが、

前シーズンラストに

「次回は2016年春放送予定」

と言っていたので、

勝手に4月からと思い込んでいました。

(だってN●Kだし)



そしたら番組表にあったし。

もしや・・・と思って公式サイトを確認したら

もうすでにこの回で 「第2回」 だし。



しかも第1回は 「萩尾望都」 ってなってるし~ (;д;)



思わず悲鳴を上げそうになりましたが、

花沢健吾先生の回は逃すことなく観れるのだから・・・と

気を落ち着かせました、ハハハ・・・。



この番組の何が好きかというと

漫画家さんが原稿を描いているところをじっくりと

観ることができるところです。

もうこんなの何時間でも観てられます、

すごいです。

画期的です。



今回の花沢先生の回もとても見ごたえがありました。

花沢先生は 「アイアムアヒーロー」 の著者です。

先日第1巻を読んだのですが

自分の過去ログをチェックしたら

「書いてない~っ」

そう、またしても抜けていました。

なので、ここで感想を書いておきますね。

長くなるので続きは追記で。




≫ Read More

| TV | 12:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

腰痛をこじらせて・・・


ふせっておりましたが、

だいぶ良くなりました~(*^_^*)

やっとパソコンにも向かえそうです。


原因は・・・

日頃の姿勢の悪さでしょうか。

ゆがみだけではなく、


ねじれ


てもいるようで・・・。



小馬さんそもそもお仕事でほとんど座っているので、

それだけで精一杯の状態でした。



でも腰痛でうだうだ過ごしている間も

読んだり観たりはちゃんとしていたので、

これから必死で書いていきますね。



このブログを読んでくださってありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| つぶやき | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恋する野獣 【シリーズ有】  たつよし  P167


恋する野獣






1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作のみ

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★☆☆☆☆

5. エロ頻度: ★★★☆☆

6. エロ描写度: ★★★☆☆


◎総合オススメ度: ★★★☆☆




「恋するミッション」 の

スピンオフ作品です。



今回の主人公は

「恋するミッション」 の主人公のお兄さんと

そのボディガード。

前作同様、

今作もたつよし先生の

画力がわかる美しい絵でした。



ストーリーは

相変わらず奇想天外ですが、

やっぱり楽しんで描いておられるのが

伝わってきて、

最後まで読ませる勢いがあります。

アハハっと笑いながらサラ~っと読めてしまいます。

これってすごいことですよね~。



この紙版コミックスが出版されたのが

2012年だそうなので、

4年近く経っているわけですね。

先生の最近の絵を見たい!

ということで今後もたつよし先生作品をチェックしていこうと

思ってます。



明るくて軽い、

ちょっとエッチめな作品がお好きな方、

美形CPがお好きな方にオススメです。









このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

≫ Read More

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 01:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恋するミッション 【シリーズ有】 たつよし  P170



恋するミッション

恋するミッション

※48時間レンタル可(2016年3月6日現在)




1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作のみ6話 + おまけショート

3. 絵: ★★★★☆

4. 3D感: ★★☆☆☆

5. エロ頻度: ★★☆☆☆

6. エロ描写度: ★★★★☆


◎総合オススメ度: ★★★★☆ ※ただし、R-18 (小馬倫)



さて、ハマってしまった

たつよし先生の作品2つめです。



さらに絵がうまくなっている~💛💛

いや、

ほんとにたつよし先生って絵が上手です。

もうそれだけで感動します。



表紙がイチバンいけてないように思います。



物語はまたしてもファンタジー色が濃い


「芸能界モノ」


なのでリアリティは薄めですが、

ホントに楽しんで描かれているのが

伝わってくる作品ですので

読み手としても楽しく読むことができます。



前作では白抜きがしっかりと入っていたのですが

今作は打って変わって

ほとんど入ってません。

なのでR指定にしました。



いまだにこの基準がわかりません。



ですので、

大人の方で、

美人CPがお好きな方、

エロ描写もある楽しい作品がお好きな方にオススメです。







このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。


| BL(ボーイズラブ)マンガ | 06:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【アニメ】 昭和元禄落語心中 第9話


昭和元禄落語心中公式サイト



あぁ、

なんだかさらに

イヤ~な雰囲気が漂ってきました。



助六のような天才肌の人は

大変ですね。

周りに合わせろ、と言われても

おそらく彼のような人は

そうやって足踏みしている間に

意欲がそがれてしまうんでしょうね。



なんだかんだ言っても

先代は助六の才能が妬ましいのかもね。



それにしても

みよ吉はどうしようもないなあ。

2人のジャマしちゃダメですよ。

せっかく菊さんが

時代に合わない革新的なアドバイスをしてくれてるのに。

依存心が強いというか

人からもらうことばかり考えていると

人間て不幸なんだな~としみじみ。



でも人は

自分がそうだなんて気づかずに生きてますもんね。









今はきっとこの巻くらい。

はぁ、

未だに買えていない・・・。

今月はもう予算いっぱいいっぱいで、

来月になりそうです・・・( ノД`)






それにしても

毎回、

石田彰さんと山寺宏一さんの声に

魅了されています。

ベストキャスティングですね、ホント。



このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| アニメ | 01:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【アニメ】 亜人 第8回


亜人公式サイト



佐藤が本格的に動き出します。



それにしても

いるんだろうとは思ってたけど

いましたね、その他にも亜人。



みんないつ死んだんだろう?

と想像してしまいました。



だって病院じゃ亜人てバレちゃうけど、

ここに集った亜人は

人知れず亜人の人たちだけのはずですもんね。



圭以外にも佐藤に誘われても

反対する人はいるんですね。



自分ならどうするかな~?

だって反対して佐藤がどんな

リアクションを取るかわからないし。

いやその前に、

そもそもあそこに行くかなあ?



圭は潜伏先を見つけます。



この景色どっかで・・・

ああ、「寄生獣」?

ちょっと違う?



この先も楽しみです。









このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| アニメ | 01:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まじょおじ  たつよし  P164



まじょおじ

まじょおじ





1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作1篇 + 他作品4話

3. 絵: ★★★★☆

4. 3D感: ★☆☆☆☆

5. エロ頻度: ★★★☆☆

6. エロ描写度: ★★★☆☆


◎総合オススメ度: ★★★☆☆



この表紙なに~っ!!

と度肝を抜かれたこの表紙。

ちょっぴり恥ずかしいので

いつもより小さめです。



ビックリしたけど、

よく見るとものすごく絵がうまいのと

ブックパスで読み放題になっていたので

借りてみました。



表題作。

大笑いしながら読みました。



本来小馬さんは

メルヘン・ファンタジー系は苦手。

でもこの作品、

なんだかそんなことすらよせつけない

勢いがあります。



なんだかたつよし先生が

楽しんで描いてらっしゃるのが

ものすごく伝わってくるんですね。

それにすごく好感を持てました。



牛乳のくだりは本来好きではないですが・・・

なぜだか読めてしまいました。



それにしてもこの2人、

なんで気が付かないの?



残りの4篇は一つの作品です。

そうです、

表題作よりこっちのほうが長いんです。

それも変わってるな~って

思いながら読みました。



これも本来なら苦手な

「ケモミミ系」

というのに分類されると思いますが、

これも読めてしまいました。



いやあ、

勢いってこわいですね。



ただ、

たつよし先生の魅力は

それだけではなくて

抜群の

絵のうまさ

にもあるんだと思います。



でも

絵がうまいだけじゃ

読めないですよね、マンガって。



たつよし先生はすごいんだと思います。



かなり個性的でしたので

総合オススメ度は星3つにしました。

まずは無料サンプル等で

読んでみることをオススメします。



が、小馬さんは

ちょっとハマりました。







| BL(ボーイズラブ)マンガ | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダブルミンツ 中村明日美子 P171










1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作のみ5話

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★☆☆☆

5. エロ頻度: ★★☆☆☆

6. エロ描写度: ★★★☆☆


◎総合オススメ度: ★★★☆☆



*2010年度版このBLがやばい!ランキング2位




「Jの総て」 をお得に購入したのに

先にこちらをRenta! で48時間レンタルして

読んでしまいました (。-_-。)



中村先生の作品は

同級生シリーズしか知らなかったので

まるで違うテイストのお話で

新鮮でした。



「同級生」 と比べるとこちらは


いびつな愛の話


というのがピッタリかもしれませんが、

この作品の2人の中にも


ピュア


なものがあるように感じました。



中村先生の

独特の絵のタッチとマッチした作品です。









ただ今回は小馬さんはRenta! の

「無期限アップグレード」

はしませんでした。



というのも

Renta! では本作は


177ページ


だったのですが、

Amazonのコミックスページには


209ページ


となっているので

読了後に Renta! のレビューを読んだら、

なんと

「温室の果実」



「雨」(描き下ろし)

の2篇が Renta!版 には


含まれていない

ことがわかったからです。



Kindle版も料金のすぐ下あたりには

ちゃんと 209ページ と表示されているので

大丈夫かと一瞬思ったのですが、

商品ページの下方を再度チェックしてみると

こちらにはなんと

171ページ

と表示されているので

購入しない方が無難です。



この2篇はコミックスの特典なのかもしれませんね。



なので、

今回はコミックス購入か、

絶対オススメ

です。



ですので

今回はRenta!はオススメしないので

リンクは貼らないつもりだったのですが、

サンプルはRenta! の方が長いので

一応貼っておくことにしました。

なので、レンタル・購入の際は上記の件を

了解したうえでご購入してくださいね。




ダブルミンツ

ダブルミンツ




小馬さんは

このような理由から、

今作品はコミックスを購入する予定です。



このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 05:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひらひら 国芳一門浮世譚  岡田屋鉄蔵  P187





※AmazonのKindle本が今なら270円そのうえポイント20%還元中 (2016年3月15日現在)




1. ジャンル: 青年

2. 構成: 表題作6話

3. 絵: ★★★★☆

4. 3D感: ★★★☆☆

5. エロ頻度: ★☆☆☆☆

6. エロ描写度: ★☆☆☆☆


◎総合オススメ度: ★★★★☆



今作はAmazonで岡田屋先生作品を探していて見つけました。

なんとKindle本がセール中で270円!

ビックリしてすぐ購入しました。



表紙の通り、時代劇です。

小馬さんは時代劇好きの

歴史好きなのですが、

浮世絵師のことはさっぱりですので、

興味が沸きました。



とってもいいお話でした。

絵師を目指す若者の話ではあるのですが・・・

うわあ、

これ以上書くとネタバレしちゃうしなあ~

なんと言えばいいのか。

かなり深いお話です。



が、決して後味の悪い作品ではありませんでした。



絵は 「GOGOBOY」 時より

さらに美しくなっている気がしました。

ん?

そういえば作品の発表順て

どっちがどうなんだろう?



確認したら、

本作品は奥付から2011年発行のようなのですが、

「GOGO~」 の方が

電子書籍だから (?) 奥付がないっ!

う~ん、

でも作品中のイベントの日付が

「2008年」

となっていたのでその頃のものかと

推測できます。

(Kindle本の紹介ページには

「2016/ 1/ 29」 とあるのですが、

これは電子書籍になった日付のような気がします。)



最近、

時代劇を見かけないので

困っていた小馬さんでしたが、

目覚めましたっ!


「マンガで時代劇を楽しめばいいんだ~」



マンガだから時代っていうのは

おかしいんですけどね。



今後も岡田屋先生の作品を

追いかけますよ~ \(^o^)/



時代劇がお好きな方にはオススメです。



あ、絵師のお話なので、

チャンバラシーンはほとんどありません。








このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| 青年マンガ | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GOGOBOYの憂鬱  岡田屋鉄蔵  P98










1. ジャンル: ボーイズラブ

2. 構成: 表題作のみ

3. 絵: ★★★☆☆

4. 3D感: ★★☆☆☆

5. エロ頻度: ★★☆☆☆

6. エロ描写度: ★★☆☆☆


◎総合オススメ度: ★★★☆☆



初の岡田屋先生作品です。


本作品は電子書籍しかないようです。

小馬さんは今回は

貰ったポイントでブックパスで購入しました。

タイトル買いです。

「GOGOBOY」 ってなんだろう?

と思ったもので。



内容はいとこ同士の社会人と大学生のお話です。



近親系

は正直苦手なのですが、

いとこは結婚できるんだし近親●●じゃないか、

ということと、

サンプルを読んで、

大学生のマキちゃんがあまりにもかわいかったので

読むことにしました。



最初から最後まで

マッチョなおにいさんたちのオンパレードでした。

おそらく岡田屋先生が

ガッシリ系の男性を描くのがお好きなんだろうと

思いながら読みました。



サンプルで感じた通り、

マキちゃんが最初から最後までかわいかったので

そこも良かったです。



よく考えると出てくる人みんないい人で

魅力的でした。

そこもこの作品を気に入った点のひとつかも。



岡田屋先生、とても絵が上手な方です。

感動しました。

他の作品も是非読みたいと思います。



ガッシリ系のCPのお話がお好きな方にオススメです。







あ、

「GOGOBOY」 の意味ですが、

特に説明がなかったので自信はありませんが、

どうやら舞台で踊る人のことみたいです。

本作中ではポールダンスしてました。



このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| BL(ボーイズラブ)マンガ | 00:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。