BLって?腐女子って何~??

マンガ探求記 ときどきほかのはなし

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【TV】 浦沢直樹の漫勉  花沢健吾


浦沢直樹の漫勉




きのうふと気づいたこの番組。

実はとても好きな番組で、

前シーズン、前々シーズンもよく観ていたのですが、

前シーズンラストに

「次回は2016年春放送予定」

と言っていたので、

勝手に4月からと思い込んでいました。

(だってN●Kだし)



そしたら番組表にあったし。

もしや・・・と思って公式サイトを確認したら

もうすでにこの回で 「第2回」 だし。



しかも第1回は 「萩尾望都」 ってなってるし~ (;д;)



思わず悲鳴を上げそうになりましたが、

花沢健吾先生の回は逃すことなく観れるのだから・・・と

気を落ち着かせました、ハハハ・・・。



この番組の何が好きかというと

漫画家さんが原稿を描いているところをじっくりと

観ることができるところです。

もうこんなの何時間でも観てられます、

すごいです。

画期的です。



今回の花沢先生の回もとても見ごたえがありました。

花沢先生は 「アイアムアヒーロー」 の著者です。

先日第1巻を読んだのですが

自分の過去ログをチェックしたら

「書いてない~っ」

そう、またしても抜けていました。

なので、ここで感想を書いておきますね。

長くなるので続きは追記で。




≫ Read More

スポンサーサイト

| TV | 12:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【TV】 浦沢直樹の漫勉  五十嵐大介


浦沢直樹の漫勉



今回は五十嵐大介先生の

「ディザインズ」

の創作現場でした。



こういう風に描かれるんだ~

と、また前回の花沢先生とは違った感動。

例えば、

背景もご自身で描かれていて

なんと下書きなしでした。

こういう描き方は

基礎がしっかり出来ている、

ホントにうまい人の描き方のように思いました。



ゲルインキボールペンなんかを

使っているところがまたビックリ。



この番組のオモシロいところの1つは

こういう各作家の意外な工夫を見られるところなんですよね~。



五十嵐先生の仕事部屋も独特で、

ほとんどをお一人で描かれるそうで、

よくみる漫画家の仕事部屋の風景とは全く違い、

こじんまりとしてました。



また、サイトの 「読む漫勉」 の

お二人の対談中にありましたが、

背景をフリーハンドで描くこと

というのはわりかし漫画界では

タブーのようです。

確かに背景に定規を使うことによって

背景に人物がすっかり混じってしまわないから

読む側からすれば

その方が見やすいことはあるかもしれません。

現に今まで読んできたマンガの大半は

そうですもんね。



でもマンガのおもしろさって

そういうことじゃない気がします。

編集者というか出版社の勝手な思い込みじゃないですかね。



マンガはペンで描くとか、

背景はアシスタントが描くとか、

最近ならパソコン導入して描くとかって

漫画を描く上でのセオリーだと

思い込んでいたことに気づかされます。



自分が表現したいことを作品に投影するために

最善の方法を模索しながら制作する、

それでいいんですね。



固定観念てホントにジャマ、

って思いました。



まだ五十嵐先生の作品を

読んだことがないので

近いうちに読みます。







番組中で制作していたこの作品、

「半分カエルの女の子」

をぜひ見てみたいと思いました。



このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| TV | 13:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【TV】 浦沢直樹の漫勉  古屋兎丸


浦沢直樹の漫勉




今回は古屋兎丸先生でした。



「ライチ☆光クラブ」 がずっと気になっていて

放送前に読みたかったのですが

間に合いませんでした (;_;)



これまで拝見した

どの先生ともまた違った制作風景でした。

見ごたえがありました。



画用紙、和紙、鉛筆、

鉛筆の芯を削ったものを水で溶いて使う、

パソコン、

と古屋先生も表現方法に

いろいろと挑戦されていました。



いやあ、オモシロかった~。



28日の午前1時10分から再放送が

あるので見逃した方はぜひ。



今回は

「帝一の國」 と

「女子高生に殺されたい」

の制作現場でした。



画法以外にも、

以前手を痛めたので

筆圧コントロールを学んで

今は筆圧がすごく弱い、

とか

腰を痛めたので

今は立って絵を描いている、

という工夫をされていました。


そっか、

別に座って描かなくたっていいんだよね。

筆圧って変えられるんだ。



先生の作品のタッチだと

どの雑誌に載ってるのかなと

漠然と思っていたのですが、


「月刊ガロ」


でデビューされたと番組中でいっていて、

「ガロかあ~」

とものすごく納得。



今もあるのかな?ガロ。









今シリーズは今回が最終回で

次のシリーズは9月放送予定とのこと。



今から楽しみです。


このブログに来訪いただきありがとうございます。
ポチポチッとしていただけるとさらにうれしくってはげみになります。

| TV | 07:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。